D(DAI):ど~も、ウェブマスターのDAIです。
めがね.jpg
(写真はイメージです。)
もうすっかりお馴染みの「突撃!!隣の受け手さん」。
では、さっそく新しく受け手になった12期の人にインタビューをしたいと思います♪
自己紹介をお願いします!
ま(ましろ):カウンセラーを目指して約10年,まだまだ勉強中のましろです。
人物2.jpg
(写真はイメージです。)
夢は,地元に心の病を扱う短期治療施設を建てることです。
すごく田舎で,お米も美味しいし,自然も豊かだし,人柄もいいし,
最高の療養ができると確信しています!!

D:10年って!?まだ大学生でしょ!すごいねっ!
そんな熱い夢をもった女子大生がチャイルドラインに関わるきっかけは?
ま:昨年の春,何か新しいことを始めたいと思い,
大学内のボランティアセンターに行きました。
たくさんの募集広告のひとつに,
古びたチャイルドラインのチラシがなんとなく貼ってありました。
それに目がとまった瞬間,自分の中で決まってしまいました。
運命の出逢いというのでしょうか!帰宅して即,申し込みのメールを送信しました。

D:すみません、古びたチラシで(汗)
すみません、新しいモノをしっかり貼っておきますので(汗)
あの・・では・・半年間の養成講座のご感想などを・・・。
ま:頼りになる先輩方や尊敬する先生方が,毎回丁寧に電話の受け手として
必要な姿勢や技法を教えてくださるので,とても勉強になりました。
ボランティアなのに,ここまで学ばせて頂いていいのだろうかと思うほどです。
講座をこなしていく度に,自分のコミュニケーション能力が磨かれていくようでした。
基礎講座だけでも,もっともっとたくさんの方が参加されればよいのに!!
お世話になった分は方向を変えて,
実際の活動の中で子どもたちに返していきたいです。

D:そうそう!あいちの養成講座は内容が濃い!これが自慢です♪
では、初めて電話を受けたときの感想は?
ま:センター試験のときのようでしたね・・・。いざ電話室のイスに座ると,
今まで積み重ねてきたものがただの気休めのように思えてきて。
電話をとるときはもう,「いまここの自分に賭けるしかない!!」と思って,
やれることをやり抜いた感じです。
受け答えしているときは冷静だったつもりですが,終わってみると・・・
あまりよく覚えていなくて(笑)余裕はなかったみたいです。
でも講座を積み重ねてきたからこそ,それが自信に繋がってくれたと思います。

D:とっても緊張したんですね。でも・・・最後には自分を信じられた。
それは、ましろさん、あなた自身の力ですよ!
まっ、確かに、講座の力もありますけどね(笑)
では、最後に読者へ一言お願いします♪
ま:ご高覧ありがとうございました!
日々精進していきますので,これからもよろしくお願いします。

D:見た目はかわいらしい女子大生なのですが・・・
中身は「あんたいくつだよっ!」とツッコミたくなるような、
おばさ・・・げほっ、げほっ・・大人な女性のましろさんでした(笑)
チャイルドラインあいちに関わっている人達をどんどん紹介していく「突撃!!隣の受け手さん」
また次回をお楽しみに♪