常務理事の渡辺です。
 
まだ正式な発表はできていないんですが・・・
今年度の受け手ボランティア養成講座のトップを飾る公開講座
「みんなの学校」を上映することとなりました。
img_contents_sp.jpg
しかも、映画の中で素敵なスタンス(大人として・教師として)を
いっぱい見せて下さっている木村泰子元校長先生をお招きして
お話を伺うことになっています。
映画そのものもじっくり味わっていただきつつ、
チャイルドラインらしい切り口で木村元校長の持ち味を出していただけるよう
これからじっくり準備していく予定です。
で、ひと月ほど前、この映画を見たC.L.あいちの支え手のひとりの
  どんちゃん.PNG 
    どんちゃん
この映画を見た余韻で「何だかとても語りたくなった・・・」
と、言ってこんな文を寄せて下さいましたのでここで紹介させてもらいます。
「みんなの学校」におもう  byどんちゃん
皆さんは最近ビビビッひらめきとくる映画に出会いましたか?
わたしはビビビッときたんです。揺れるハート
「みんなの学校」
という映画を見たときに。
すべての子どもの居場所がある学校づくりを目指した大空小学校という
ふつうの公立小学校のドキュメンタリー映画です。
なんでこんなに響いてきたのだろう?
たぶんフィールドが違うだけで大空小学校が大切にしているものが
チャイルドラインと同じだからじゃないかなぁ・・・と思ったんです。
日本でのチャイルドラインは17年ほど前イギリスの子ども電話の取り組みを
視察した6人のメンバーが世田谷に種をまきました。
その2年後にあいちは活動をはじめました。
その頃は子どもたちにあまり知られていなくて
1本も電話のかからない日もありました。
それから15年ほど経ち、いまでは全国フリーダイヤルで
年間80万件以上のアクセスがあります。
開設当時は全国フリーダイヤルなんて絶対無理!って思っていたんですよね。
でも小さな種は人から人へと大きく育っていったんです。
みんなの学校の種も全国にまかれはじめました。
チャイルドラインあいちでも上映会が決まりました。
学ぶってなんだろう?
インクルーシブな教育って?
考えるきっかけになるといいなぁと思います。

と、どんちゃんが 感慨深く語って下さいました。
さぁ、その「みんなの学校」の上映日程は・・・
【チャイルドラインあいち 公開講座】
 10月24日(土)
ブラザーコミュニティスペース(堀田)にて
詳しくは後日発表いたしますぴかぴか(新しい)
予定を空けておいて下さいませ。
どうぞお楽しみにexclamation×2
映画『みんなの学校』公式サイト.html