去る5月8日、チャイルドラインあいちでは初めての取り組み、
街頭募金活動を行いました。
街頭募金 風景2016.5.8.jpg
先日の熊本・大分震災の被災地の子どもたちをサポートする
取り組みの募金です。
C.L.あいちでは私たちらしく「被災地の子どもの支援」というところに
焦点を当てた支援としたいと考えました。
(被災地では)
いろいろ大変なことが目の前にあると・・・
子どもは ガマンしてしまう
言ってはいけない とか思ったり
自分の気持ちを 二の次にしてしまう  そんなことが起こりがちです。
目の前のモノは徐々に片付いたり、戻ったりしていっても 心の問題は続きます。
なのでとても末永いサポート・支援が必要となってきます。
人は話すこと、聴いてもらうことで 少し心が楽になったりします
チャイルドラインは子どもの声・気持ちをあるがままに聴き、受け止める電話です。
全国で70の団体がネットワークを組んで子どもたちの電話を受けています。
ですので 子どもは全国どこからでも電話を無料でかけることができます。
被災地やその近くの子どもたちに
「いつでも話していいよ」 「電話、待ってるヨ!」 との
私たちのメッセージが届きますよう、広報等に力を入れていくための
協力をしていきます。
最後になりましたが先日(5/8)の募金額は ¥13369 でした。
ご協力いただいたみなさん、本当にありがとうございました。
今後とも 子どもたちへの支援の取り組みへのご協力、よろしくお願い致します。
あいサポート部 渡辺