愛知サマーセミナー
誰でも先生、誰でも生徒、どこでも学校。
教えたいことを教え、学び合いことを学ぶ「夢の学校」 というキャッチコピーで
20年以上続いている 地域市民と学校が結びついた市民参加型セミナーです。
2016 サマセミ 廊下の風景.jpg
私たちチャイルドラインあいちも今年、二つの講座を出させて頂きました。
2016 サマセミ 廊下の表示 -編集.jpg
ひとつは 聴くワーク で
タイトルは、
「お母さん、本当に子どもの声、聴けてますか?」

CIMG3623 -加工).JPG
普段の何気ない会話では意識しないところに
改めてちょっと気持ちを向けてみるワークをしてみることで
「あれっ?私ってちゃんと聴けてたかしら?」なんて
自分自身への気づきにつながればなぁ… っていうワークでした。
CIMG3626 -加工.JPG
もうひとつは
「自分らしさってなあに?」
「自分ってどんな人だろう?」 とか
「自分らしさって・・・?」 みたいなことを自分ひとりで考えるのではなく
共通の体験をした仲間と 今、ここで自分が感じたことをシェアすることで
お互いの気づきを深めたり、他の人との感じ方の違いに気づいたりする機会が持てました。
短い時間でしたが 素敵なおみやげを持って帰ってもらえたようでした。
CIMG3641 - 編集.JPG
チャイルドラインの活動は 電話を通して
「子どもの声を受け止める(心に寄り添う)」という活動がメインですが
C.L.あいちでは それ以外のところにも力を入れなくてはという思いで
こんな講座を開いたりしています。
人との違いに目を向けられたり、
他の人の言ってることや気持ちをちゃんと受け止められる大人が
沢山いる まちに、社会になって欲しい。。。
「子どもの心に寄り添える大人がいっぱいいる」
そんな社会でありたいと願うからです。
と、いうことで チャイルドラインあいちでは
出前講座、講演、講座づくりのお手伝い など承っております。
どうぞお気軽に声をおかけください。
出前講座チーム 渡辺