こんにちは、きくお[B]です晴れ
今回はこのタイトルでちょっと皆さんに投げかけてみたいと思います。
思い出してみてください。
あなたが子どもだったとき・・・
「嫌だったことは何ですか?」
「嫌だなぁ~と思っていたこと、ありませんか?」
もうずいぶん前のことだから思い出せませんか~??
ちょっと子どもの頃のこと、思い出して。。。
いろんなシーン、考えてみて・・・・・・
(さぁ、ここからはあなたの時間です)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どうでした?
何か思い出しましたか??
私は幾つか思い出しましたよひらめき
子どもの時の気持ちになってみたらね。
じゃぁ、その中のふたつ 紹介させてもらいますね。
ほんの小さなころなんですけど
お坊っちゃんスタイルのファッション というか
そういう格好をさせられたことです。
おぼっちゃん.png
半ズボン、ズボン釣り、ハイソックスなどなど
色々ありましたが・・・
何だか恥ずかしくて嫌だったんだけど
「イヤ」とは言えず・・・

もうひとつは運動会の練習時間。
運動そのものは嫌いじゃなかったし、
運動会も何だかワクワクしたのですが・・・
嫌だったのはその練習の時間。
長い間待たされたり、並ばされたり。
しかも先生がマイクで命令&怒り口調でしゃべり続ける。
それだけでも嫌な状況だったのに
忘れられないことが起こったのはそんな時。

並んでいるときに前の奴がふざけていたのを
先生が間違えてこちらの頭を ポカリパンチ
先生にゲンコツ.png
あまりに痛くて声も出ないでいたら
その先生、スタスタ行ってしまったっていうこと。
今、思い出しても何だか「モヤッ」とした気持ちに
なってしまう出来事でした。
このふたつの出来事、
私の子どもの頃の「嫌だった」思い出なんですけど
今考えてみると ひとつは
イヤって「言えなかった」こと。
もうひとつは
聞いてもらえなかった」(こちらの言い分を)こと。
子どもって無邪気に言いたいこと言って、
好きにやってるように思われるけど
実は「そうでもないぞ!」と、私は思うのです。
今は大人になっているあなた。(私もね)
あなたはあなたの周りの子どもにちゃんと言いたいこと
言ってもらってますかぁ~??
子どもに「イヤな」思い出、作らせてませんかぁ~??