こんにちは“しば”ですわーい(嬉しい顔)
とても寒くなってきましたねふらふら
冬もこれから本番といった感じですね雪
さて、私たちチャイルドラインあいちでは
10月16日(日)にNPO法人全国こども福祉センター理事長の荒井和樹氏を
お迎えして開催された公開講座
を皮切りに、
第18回電話を受ける“受け手ボランティア”と“スタッフボランティア”の養成講座
スタートしていますexclamation
基礎講座の1回目となる11月5日(土)の講座には18名の受講生が参加されました。
午前中はチャイルドラインあいち代表理事の高橋弘恵氏による
「チャイルドラインあいちについて」。
“受け手ボランティアハンドブック”に沿ってチャイルドラインあいちが大切にすることの講義を聴きました。
<午前の講座の様子>
IMG_7711.JPG
午後からは渡邊忍氏による「子どもの権利」についての講義とグループワーク。
<午後の講座の様子>
IMG_7728.jpg
受講生の方々は、いよいよ始まったという気持ちで参加されたのではないでしょうかぴかぴか(新しい)
講義も進み、午後からのグループワークでは自己紹介や
それぞれの意見を発言してワークに取り組む中で自然と緊張もほぐれ穏やかな雰囲気になっていましたかわいい
11月27日(日)には佐竹一予氏による「きく~子どもの心を理解する~」
12月11日(日)の午前は駒田隆子氏による「子どもの心の居場所」、
午後からは後藤かをり氏による「傾聴トレーニング1」の講座が行われました。
どの講座も、受講生の皆さんは真摯に取り組んでおられます。
1月からも養成講座がどんどん進んでいきますダッシュ(走り出すさま)
受講生の皆さん、子どもの心に寄り添い、子どもの声をきちんと受け止め活動していくために一緒に学び合いましょうexclamation×2
それではまた、養成講座の様子をお伝えしたいと思いますのでお楽しみに~るんるん