明けましておめでとうございますぴかぴか(新しい)
昨年、名古屋の中学生のいじめ自殺の第三者委員会の報告書を読む機会がありました。
感じたのは当事者の子どもと、おとなの認識の大きなすれ違い。
いじめの事だけでなく、日常的にも起きやすい「ズレ」
子どもが真に感じていることを、そのまま丸ごと親身に受け取り
共に考えてくれる、信頼できるおとなが一人でも傍にいてくれたら。
「実は。。。」ではなく「もうさ~、きいて~」の段階で関わってくれる人。
学校現場も、家庭も、地域も、社会全体が余裕がない状況の今。
子どもたちが活き活きとその子らしく成長できる社会になるのは
簡単なことではありません。
でもあきらめず、気づいたおとなが少しずつでも伝え、広げていかないと、と思います。
2017年、子どもたちが笑顔の日々を送れますように。
チャイルドラインあいちは今年も子どもたちの
こころの声を聴かせてもらえるよう努力してまいります。
今年もよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)
代表理事 高橋弘恵