こんにちは、きくお[B]です。晴れ

チャイルドラインあいちに関わる人を紹介する「突撃double exclamation 隣の受け手さん」
今回は今年から あいちで活動していただいている方を紹介します。
ではヒロさん、自己紹介をお願いします。

[ヒロ] ニックネームは ヒロ と言われてます。

普段は会社員で、手伝いで介護系も時々やっています。
趣味はダイビングで、昔からずっと続けていますが、海の中はとてつもなく広く果てしなく、未知の世界で人の心の中と同じの様に感じます。
毎回同じ世界が見える訳ではなく、あまりの綺麗さが悲しく切なく見える事もあります。

自の性格は、思った事をストレートに言ってしまう事が度々あり、誤解を招く事があり、意外と気にしてしまう性格なので後で悩んで疲れてしまう事があります。

[きくお] へぇ~、そうなんですか。
そんな ヒロさんがチャイルドラインの活動に関わるきっかけは何だったんですかexclamation and question

[ヒロ] 心の声を聞くような事をやりたくて、このチャイルドラインの存在を人から聞いて知ったのがきっかけです。
とても子ども好きなのもありますぴかぴか (新しい)
あとは、自分の子どもの頃を振り返ると本当の自分の声を聞いて貰える人はいなかった、どこかでいつも寂しかった印象があります。
聞いて貰える場所があるんだという事を子ども達に知って貰いたいと思います。

[きくお] 子どもにとっての聞いて貰える場所ですね。 なるほどねぇ・・・
で、チャイルドラインあいちの受け手ボランティア養成講座を受けてみてどうでしたかぁ~?

[ヒロ] 養成講座は、毎回本当に勉強になりました。
特に石田まり子先生の話は本当に引き込まれました。
また実践講座の終盤のロールプレイは、とても内容が重いものが多く、どう対応していいかも分からないほどでした。冷や汗2 (顔)

[きくお] そぉ~でしたか。
その後、実際に受けてみて、今はどう感じてらっしゃいますか?

[ヒロ] 電話を受けるにあたって、本当にピュアな気持ちで一生懸命聞こうと思っています。
毎回次はどんな子から電話があるのかと、電話が鳴る度に楽しみにしてます。揺れるハート

[きくお] なるほど。 では、そんな ヒロさんの今後をおしえて下さい。

[ヒロ] 今後は一定のペースをしっかり守ってライン室に入って、たくさん子どもの声を聞きたいと思っています。

[きくお] はい、今日はありがとうございました。
海の深さ感じさせるような ヒロさんの今後の活躍、期待しております。ほっとした顔

チャイルドラインあいちに関わっている人達をガンガン紹介していく
「突撃!! 隣の受け手さん」
また次回もお楽しみに ~るんるん (音符)