こんにちは、専務理事の高橋です。

千葉県野田市で起きた虐待死事件。
救えた命だったと思わずにはいられません。

チャイルドラインでの虐待に分類される電話は、この5年増え続けています。
2013年は全受信件数の1.1%だったのが2017年は3%になっています。

以前は子どもから「虐待」という単語を聴くことはほとんどありませんでした。
最近は「これは虐待でしょうか?」とか「虐待ですよね」といった訴えも聴かれるようになりました。

子どもたちは「おかしいぞ」ということを言葉にし始めました。
その発信を受け止めるのはおとなです。

今回の事件を他人事とせず、もし自分の隣に「あの子」がいたら…
自分はどう行動するのか、想像力を持たなくてはいけません。

今話題のドラマのセリフ「Let’s think」は生徒に向けられていますが、私たちおとなも「Let’s think」の時です。