18さいまでのこどもがかけるでんわ チャイルドライン<あいち>

受け手ボランティアとは

『受け手』ボランティアとは・・・

指導や助言をする人ではありません。
子どもたちは悩みばかりではなく、自分の体験している事や心の中に起こっている事を嬉しい事として、悲しい事として、また悔しい事、腹立たしい事として… 色々な形で伝えてきます。
私たちはそんな子どもたちの「心の言葉」にしっかり寄り添い、受け止めることそれが『受け手』ボランティアの役割だと考えています。

『受け手』ボランティアになるには・・・?

ひと口に「子どもの声を聴く」と言ってもその前提となる大事な約束事や学んでおかないといけない基本的な事柄がたくさんあります。
そのためにチャイルドラインあいちでは毎年、電話の『受け手』ボランティアの養成講座を開いております。
チャイルドラインのボランティアになるにはまずこの養成講座を受けなくてはなりません。

%e9%a4%8a%e6%88%90%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%81%a8%e3%81%af

『受け手』ボランティアの活動Q&A

活動日はいつですか?
毎週 月・火・土と第4日曜日 16:00~21:00 に電話室は開設されています。

活動場所はどこですか?
名古屋市内(所在地は非公開となっています)

担当はどうなっていますか?
各自が都合のよい曜日・シフトに入ります。
前半シフト15:30~19:00/後半シフト18:00~21:30
おおむね月2回くらいです。

研修などはありますか?
『受け手』としてスタートしたあともステップアップ研修やグループ研修が年間を通して行われますのでそれらに参加していきます。

受け手以外にできることはありますか?
広報部門や研究部門など 『受け手』以外の活動をしていただくこともできます。


PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.