こんにちは、きくお[B]です。

それは私が中学2年のある日のこと。

年々、確実に「女性」への階段を上って行ってる感じの女子に比べて

中学になっても男子たちはまだまだ「ガキんちょ」。 

特に学校でのふるまいは小学生の頃からのやんちゃな要素を持ったまま。

女子からは冷たい目で見られ、非難されることが日常な男子たち。

そんなある日のこと。

いつもおバカなことを言い合ってるS君がちょっとうつむき加減で近寄ってきました。

そして 

「おい、きくお・・・・・・  オレって変かな・・・・・・」 

と、始まりました。

きくお 「ん? ・・・・ どうしたんだ?」

S 「・・・・・オレさ、やめられなくなって・・・・・・・・」

き 「えっ?・・・・・・」

S 「あれ、  あれよ・・・・」 (股間に手をやり、ちょっと上下)

き 「ぉ、? お・・・・・・・」

S 「今日も朝からやって来ちゃったし・・・・」

  「夕べだって 3回も・・・・・」

き 「ぅ、う~ん・・・そうかぁ・・・・・・」

S 「・・・・・オレ、変?」

き 「変? いや、わからん訳じゃないけどなぁ・・・・・」

S 「やり過ぎたらバカになるとか言うし・・・・・」

き 「いや、それは無いと思うけど・・・・・」

と、こんな会話が朝の廊下の隅で交わされたのです。

この会話、結局どうなったかの記憶は不確かですが

でも、今でも私の記憶の中では忘れられない青春の一場面として

残っているのは確かです。

今思うと

その時のS君の気持ち、ホントにどうだったんだろう??

 とか

親友とは言え、よくS君 こんな話してくれたよなぁ・・・

 とか

他人事じゃなく 自分だって似たようなことあったしなぁ・・・

などなど

今でも色々と考えられます。

あなたはS君と私のこと、どう感じましたかぁ・・・??

 

チャイルドラインの電話にも似たような話はよくあるんです。

 

ちなみにこのS君、高校卒業後京都大学に行きました。(すごい!)

でも、やっぱりおバカな奴でしたけど・・・。