みなさん、ごきげんいかが?るってぃーです🐱年の暮れも迫っておりますが、突撃となりの受け手さんをご紹介しまぁーす。

る)では、まずは自己紹介からお願いします。😊

ハ)初めまして、happy&peaceです20周年であるチャイルドラインあいちの記念すべき20期生です👏結婚を機に5年前に名古屋へ引っ越してきました。夫とわんこと楽しく暮らしています👨🐻お互い家族サービスの一環として、週末は外飲み、宅飲みしてます🍻🍷名古屋は美味しいつまみがたくさんあって幸せです💕

る)へぇー名古屋には5年ですかぁ🤗なごやのおつまみをお褒め頂き恐縮です😉ところで、happy&peaceさんのチャイルドラインの活動に関わるきっかけはなんだったのでしょうか

ハ)はい、普段仕事で大人の相談を受けていることと、昨年より大学で心理学を学び始めて更に学びを深めたいと思っていたときに、図書館でチャイルドラインのチラシを見かけました仕事で「家族を作ろう」から始まり、そこから発展して「家族とは何か?」という問いがあって心理学を学び始め、その先にチャイルドラインがありました😌

る)そうだったんですね!ステキです!そして実際に養成講座を受けてみていかがでしたか?

ハ)そうですね、養成講座では座学だけでなくロールプレイングもあるのですが、頭ではわかっていても実際に表現するのが難しく、自分の感じている沈黙時間と相手の感じている沈黙時間が異なっているのがわかったのは大きな発見でした😲ロールプレイングは時間制限があるのですが、「早く終われ~」っていつも思ってました😅もちろんそんな風に思っていたことは、相手には気付かれていませんが😁

る)そうでしたか、happy&peaceさんがロールプレイングの時にそんな思っていたなんて意外です☺️その後、実際に電話を受けてみてどうでしたか?

ハ)ロールプレイングでのお題が毎回重い内容だったのでドキドキしていたのですが、終わってみると意外と重い内容の電話とは出会わず、初日はほっとしました…☺️かわいらしい電話もあれば深刻な電話もあり様々ですが、子どもたちから「ありがとうございました」と言われると、何かしらの方向性が見つかって良かったなと思います😄

る)それは良かったです‼️では、happy&peaceさんから最後にひと言🤗

ハ)チャイルドラインあいちには、会社員の方、学生、主婦など様々な立場の方が普段の生活に負担なく、ご自身のペースでボランティアに参加しています💪子どもが思っているほど子供は大人ではなく、大人が思っているほど子どもは子どもでない一面が垣間見える特殊な時間が電話を通じて体験できます📞親には決して相談できないような電話も多いので、自分の家族、現在の家族はもちろんのこと、未来の家族も含めて人生の勉強にもなります✏️普段は身元も内容もわかる大人からの相談を受けていますが、子どもたちの電話のような特殊な感覚はありません。最近殺人や虐待、引きこもりなどのニュースがあると、社会がどう関わるかが課題とアナウンサーが締め括りますが、チャイルドラインは私たちができる社会がどう関わるかの答えの一つだと思います💡

る)happy&peaceさん!ステキなコメントありがとうござます!これからも末永く一緒に活動しましょう😉