お母さんにもできない事はたくさんある!

こんにちは“しば”です☺️

朝晩はだいぶ秋らしい気候になってきましたね🍂

体調を崩されていませんか。

今日は、小学校低学年の長女との出来事を書きたいと思います。

ピアノ教室に通い始めたばかりの娘が、自宅でピアノの練習をしている時

娘「お母さんはピアノやらないの?」

と私に言いました。

ギクっ!!

私「母さんは、ピアノできないんだよね💦」

娘「そっか、だからいつも応援してくれるんだ。

  お母さんはお料理したり、仕事に行ったり他の事ができるもんね」

私「ありがとう。いつも楽しそうにピアノしてるの見るととっても嬉しいよ」

私は小さな頃に少しだけピアノを習っていたらしい

のですが、ピアノの練習中なのに居眠りしてしまうほどだったようで、上達するはずなく、現在に至ります😅

思えば、娘が生まれてから新生児だった子が

首が座り、寝返りができるようになり、ハイハイして

ひとりで歩く事ができるようになりいろいろな成長がありました。

親がやり方を教えてあげる事が多かった時期も過ぎて、今となっては娘の方が器用にこなす事もたくさんあります✨

親や大人ができないこと、苦手な事もたくさんあります。

娘が、私がピアノをできない事よりも、

お料理をしたり仕事に行っているというできている

事も見ていてくれた事がとても嬉しかったのです❣️

それぞれを認め合えた感じがしました☺️

それは、大人と子どもをみた時だけでなくお友達とも

同じ事がいえると思います。

お友達はすごく得意だけど、自分は苦手。

自分は上手にできるけど、お友達はできなくて頑張って練習している。

お友達は足が速いけど、自分は走るのが苦手。

みんな自分とは違うんだから、いろんな事が違って当たり前!

得意なことがあれば苦手な事がある。

それを尊重し合って、助け合って、いい所をすごいねって認めたり

手伝ってあげると手を貸してあげたりして

一人一人が自分らしく生活していけるといいなと思います。

兄弟、親、家族だけでなく学校、習い事など

たくさんの経験をしていって欲しいなぁ😁

でも、苦手苦手と言っていないで、

いつか娘と一緒にピアノができるように私も練習したいなぁ☺️

いつか、きっと🎹🎶

LINEで送る

前の記事

「通知表」

次の記事

運動会