カード配布への第一歩が・・・

愛知県内の子どもたちへのチャイルドラインの認知度はとても高いです。
それを支えているのはこの学校を通してのカード配布。
先生方の協力もいただき、毎年一枚ずつ受け取っているので
子どもたちは「知ってる~!」と言ってくれます。

今回は700校分(学校ごとそれぞれの人数分)のカードの袋詰作業でした。
[当日の作業風景]
とても地味な作業ではありますが子どもたちの手元に届くための第一歩。
ご協力いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

次回は名古屋市立の小·中学校と私学分の袋詰、約500校分を11月7日に行う予定です。
近づきましたら事前に発信しますので是非またご協力をよろしくお願い致します。

LINEで送る

前の記事

2021養成講座受け付け開始