るい活の映画と子どもの権利条約

ごきげんよう!るってぃです😊

みなさん、涙活(るいかつ)ってご存知ですか?

最近では新しい造語がたくさんありますよね~🤔

涙を意識的に流してストレスも流そう!っていう活動。

感情のデトックスともいわれているらしいのですが…

先日、るい活にとある映画を紹介されたのです🎬

タイトルは ≪チョコレートドーナツ≫🍩

1979年を舞台にした映画でした。

https://bitters.co.jp/choco/

実はその日、CLあいちの仲間と『子どもの権利条約』についてを学んだばかりの私には

その映画の内容があまりにもタイムリー過ぎたのです!

子どもの生きる権利、育つ権利、守られる権利、差別の禁止、家庭を奪われた子どもの保護、養子縁組、障がいのある子どもが生活できる権利 などなど

https://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_rig.html

この映画の中に『子どもの権利条約』に関わる内容がこれほどまでに含まれているのか!と涙活どころではなくなっていました😅

たくさん涙を流してスッキリするつもりが、学んだばかりの『子どもの権利条約』を具体的にわかりやすく理解することができた映画に出会えてしまったのです😊

今はずいぶんと幸せな世の中になってきているはずですが、この世界のどこかで悲しくつらい子どもがいるかもしれない、子どもの権利を守られてないことが起きているかもしれない!チャイルドラインあいちで活動するひとりとしてこの映画を通して気持ちを新たにした、るってぃでした🐈

LINEで送る