「出前」、しました。

常務理事の渡辺です。
8月4日、月曜日。
チャイルドラインあいちの「出前講座チーム」が動きました。
今回、こちらのチームのメンバーは4人。
997023_692923444120924_3855256684497982466_n.jpg
出張先は緑区にある 子どもNPO
この日の講座の内容は「聴くワーク」
受講者は学習支援をしているの学生スタッフのみなさんです。
普段の自分の会話のクセや 伝える事、
きちんと受け止め 聴く事の難しさなどを
共にワークをする仲間との分かち合いの中から
気付きをもらい合う とっても素敵な若者たちでした。
「聴くワーク」の第一ラウンドは =朝起きてここに来るまで=
というお題で正確なリピートに挑戦。
ひとりは観察者で二人のやりとりの様子を
メモを取りながら観察。
ひとラウンド4分が終了したら「自分メモ」に
今、やってみて感じたことを記録。
それを元に3人で分かち合います。
編集後 こどもNPO 出前講座チームワーク 第2ラウンド.jpg
第2ラウンドのお題は =わたしが子どもだった頃=
編集後 こどもNPO 出前講座チームワーク.jpg
観察者を交代して同じように進めます。
さらに
こどもNPO 出前講座チームワーク お題.jpg
第3ラウンドはこんなお題。
=わたしが子どもについて思うこと= または
=最近の若者について思うこと=
そしてここではリピートする時に
ちょっと気持ちの言葉を付け加えてお返し。
第1、2ラウンドが単純に事実の話になりがちだけど
ここではちょっと考えて自分の思いを話す分、
気持ちも一緒に動くので
ハードルがぐんと上がります。
だからこそ「学び」「気づき」も深く、大きくなるんです。
チャイルドラインあいち の活動には色んな部がありまして
それぞれいろんな役割を持って活動しております。
その中の研修部に「出前講座チーム」というチームがあるのです。
チャイルドラインの「聴く心」「受け止め、寄り添う心」を
多くの人に知ってもらい、持ってもらいたいと願い活動しています。
この日は「聴くワーク」を実施しましたが
これの他にも色んな切り口で ワークショップなどを提供しております。

講師の派遣


興味を持っていただけましたら是非ともお気軽にお声掛け下さいね。

LINEで送る

前の記事

おしゃれ(∩.∩)0

次の記事

台風