あなたも しゃがんでみたら・・・

C.L.あいち、理事の渡辺です。

先日、ウチのガスコンロの点火スイッチが突然入らなくなってしまいました。
「あれっ? どうしたんだろう故障かな??」と、しゃがみ込んでよく見ると


こんなところにスイッチが・・・
そう、チャイルドロックのスイッチです。
それが正に「ロックオン」。
うちの1歳半のチャイルドがチャイルドロックのスイッチを「オン」にしてしまって 大人が使えなくなってしまったという笑い話です。


普段の大人の目線ではここにこんなスイッチがあることもわかっていなかったジジババ所帯の私たち。
たま~に来る孫娘に教えてもらえました。


※それにしても何でこんな子どもが触りやすい目線の位置に
 触りやすい形でロックのスイッチがあるの?! 
というツッコミはちょっとひとまず置いておきます。


よく「子どもの目線に合わせて・・・」みたいな話、しますよね。
生身の子どもたちと話す時にこれはとても大事なことのひとつだと思います。
上からの目線や大人の価値観で測り、語ってしまうのではなく
実際にひざを折り、同じ目の高さでまずは子どもの話を聞かせてもらう。
そして一緒に考える。

私たちチャイルドラインはこれを電話で実践しています。
直接子どもに会う訳じゃないのでしゃがむことはしませんが
子どもの気持ちに合わせて、寄り添い、聴き続けるのです。


この機会にあなたも腰を落とし、ゆっくり周りを見回してみて下さい。
普段は見えなかった景色が、
ひょっとしたら子どもの頃の懐かしい景色が見えてくるかも知れませんよ。


※チャイルドロックばなしのオマケ


このガスファンヒーターにもチャイルドロック機能が付いています。
しかし温度調節のボタンがロックされるだけなので
メインの電源スイッチのON/OFFは触りたい放題。
スイッチ大好き娘のオモチャになっておりました。
チャイルドロック機能って案外「ツッコミどころ満載」かも知れませんね。
そして・・・


対策をせざるを得なくなり、結局はこんなことに。

今回はわが家のネタ話になってしまいました。
どうもスミマセン。

LINEで送る

前の記事

花粉症

次の記事

種まきしました🌱