「チャイルドライン」という選択肢

こんにちは☀️

みぃです^ ^

緊急事態宣言が解除されたとはいえ

まだ屋内施設に行く気持ちになれず💦

毎日ひたすら息子とお散歩の毎日です😃

毎日探検のような気持ちで

あちこちぐるぐるぐるぐる!

そして何も考えなくても、何故か同じ道に出てしまうという不思議💡

お散歩生活は

世間の動きがよくわかります

毎日賑わっていたショッピングセンターから人がいなくなり💔

ドラッグストアや公園に人が溢れるようになりました💨

みんながマスクをするようになって😷

ソーシャルディスタンスを意識して動く人たち

そして

だんだん人が増えて

街に少し活気が出てきました✨

6月に入り、学校帰りの子どもたちの姿も見られます☺️

にこにことお友達と歩く女子中学生とすれ違いました

思わず「久しぶりの学校、どうだった?」と話しかけたくなりましたが

我慢我慢😅

急にそんなこと聞かれても、びっくりしますよね💦

ふと

チャイルドラインの活動は

子どもたちのお話を聞かせてーと待っている大人と

お話聞いてーと電話をかけてくれる子どもたちと

その両方がいて成り立っているんだという

そんな当たり前のことを実感しました💡

子どもたちからの電話を受けたとき

最後に必ず「ありがとう」という言葉が自然に出てきていたのは

電話をかけてくれてありがとう

出会ってくれてありがとう

という気持ちになっていたからなんだなー、と💗

顔が見えない相手に電話をするのって

ちょっと勇気がいることだと思います💦

こんなことで電話してもいいのかな?

と迷うこともあるかもしれません😵

でも、あなたのお話を聞かせてーと思って待っている大人たちがいることを知っていて欲しいなあと思います🎀

もちろん

お話をする相手は

家族でも

お友達のお母さんでも

学校の先生でも

構いません✨

ただ、その選択肢の中に

「チャイルドライン」

をひとつ加えてもらえると嬉しいです💗

LINEで送る