夏休みと二学期

ごきげんよう、るっていです🐈夏休みが終わりましたね。
振り返ると私にとっての夏休みは少々複雑でした🍉

両親とも働いていましたので、妹たちの面倒は私が見ていました。
学校の🏊‍♀️プールに行くのも、妹の支度もして連れて行っていたと思います👒

お昼ごはんも自分たちでした🥤。もちろん宿題も。
<親が手伝う・親と一緒にやる>ではなく「宿題やったの?!」と叱られるのみ💢

子どもが時間を考えて宿題を進める力などなかなか無くて最後の週はただただ怖いお母さんの顔を背中に必死になっていたような💦

あの頃の両親の年齢はとっくに過ぎているけれど、両親の当時の苦労も知らないけれど、友人のステキな工作の宿題を見ると本当にうらやましかったなあ~泣。

きっと、みんなおうちの人と楽しく作ったんだろうな~そんな材料自分だけで準備なんてできないよね?きっと親と探しに行ったんだろうな~うちは怒ってるだけ。

宿題が展示される時期は結構悲しい気持ちだったなあ~。
あの頃、言えなかったけど、思いもつかなかったけど、一緒にやって欲しかったなあ~😩

反面、口うるさい両親がいない家の中では自由な空間でした🙌その点については楽しかった時間だったような記憶です。

今でこそ小学生が夏休みに子どもだけで過ごすという環境は少なくなっているのだと思いますが、あのころは当たり前でした。

今も私と同じような思いをしながら夏休みを過ごしてる子もいるのかな~と思うと切ない思いになります😢

そして何とか宿題の帳尻合わせをして二学期が始まります。
私は夏休みが終わったことをホッとしながら友達に会うことが楽しみで二学期はうれしかった😄

やっぱり家より学校のほうが好きだったんだと思います🏫

いつも怖い顔だった母も、今ではその影もなく穏やかで気があって親友のような仲ですが、あの当時はきつかった~。

思うと、私のような小学生にチャイルドラインはぴったりなんだろうな📞
やり場のなかった気持ちを誰かに聴いてもらったら少しは気持ちが晴れたのかな🌞

こんな気持ちでいる子がいたら電話でもチャットでもいいので話にきてほしいなあ~。と思います。

子どもたちへ。二学期も始まって、不安やつらいことがあったらいつでも話に来てね。

LINEで送る

前の記事

夏の終わり