注射がイヤだ。 逃げよか?!?

こんにちは、きくお[B]です。
私、以前「いちどは子どもだったあなたへ」というテーマで何回かこのブログを書かせてもらいました。
  (文末参照)
今回もそのテーマで 私の子どもの頃の出来事から少し。

みなさん、子どもの頃って成り行きで「ウソ」をついてしまうことってありませんでしたか?
私ね、何回かありました。
その中でもしっかり覚えている話をひとつ。
三年生くらいのことだったと思います。
登校してすぐ、友人Mに話しかけられました。

M男「おい、今日注射だぞ。イヤだなぁ~…」

きくお「そうか、今日か。イヤだよなぁ~…」

M「逃げたくなるよな」

き「ホンマやな」

M「逃げよか?!?」

き「そうしよか」

Ⅿ「注射終わるまで隠れてたら わからんよな」

き「そやな…」

 「そやそや…」 みたいな話になったんだと思います。
男子3人が こそ~っと抜け出し体育館のウラへ。
座り込んでおバカな話をしていたところを先生に見つかり大目玉。
その後のいきさつは忘れましたが昔のことなので
それなりのキツ~ぃペナルティを頂いたように思います。 

さてこの時のきくお君、実は注射は別に嫌いでもイヤでもなかったんです。
(好きな訳じゃないですが)
なので「ウソ」と言えば「ウソ」。
事実の気持ちじゃない行動をしてしまいました。
何故だったんだろう?
今、思えば他の二人も大差なかったように思えます。

不思議ですよね。
人の気持ち とちょっとした 言葉 、そして 行動 。
それが複数の中でやり取りされると。
ひょんなことで思わぬ方向に ことが動いてしまう。
あるんですよね実際、人間には。

ちっちゃな子どもの中にもこんな形で・・・ 
そして 大人 になっても。
それが「小さなウソ」から出たこととわかっていても。
本当に気を付けないと 私たち人間は。。。  
そして わたくしも。。。
と、改めて思いました。

こんな風になってはダメですもんね。

2021/1/6 米連邦議会議事堂前


きくお[B]でした。

いちどは子どもだったあなたへ 
2013/03/27  

  2016/11/06  

  2017/01/09  

LINEで送る

前の記事

表情は大事